練習の知恵袋 · 2018/10/21
誰でも「伸びるとき」というのがあります。お子さんなら、発達とともに分かること、できることが増え、練習もプラスされ、ぐっと上がる瞬間があります。大人の方は、長く積み重ねていった結果、あるとき振り返ると、ああ、前より分かること、できることが増えてきた、と思われるようです。いいものを積みかさねていきたいものですね。
2018/10/15
先日、お母様と入会された小学生のAちゃんの初レッスンがありました。 こんにちは!としっかりしたあいさつで入ってきました。すごく楽しみににています、とお母様がおっしゃっていたので、私もこれからが楽しみです。
2018/10/13
バイオリンを始めて1年経ったSちゃん。今日は、練習50日のご褒美もありました。めげそうになりながらも頑張ってこられ、自信がついてきたようです。
練習の知恵袋 · 2018/10/11
バイオリンなどの弦楽器は、音を豊かに鳴らすために、音程そのものと、実際響きを同時に耳でキャッチして聴いています。それをすることで、共鳴を豊かにでき、力で音をつぶしたり、かすれているのにきづかなかったりということがなくなってきます。音のとらえ方についてのヒントです。
練習の知恵袋 · 2018/10/09
ただ曲を通して弾いていても、素通りするだけで、深まっていきません。 自分なりに、あれこれ試しながら練習し、コツをつかんでいく。ちょっと面倒でも、そんな時間を取って弾いてみませんか?
練習の知恵袋 · 2018/10/07
今日のバイオリンレッスンの1番は、6才のちゃん。1年前に始め、ディズニーのハイホーを弾いています。初めてのスタッカート、ちょっと苦戦中です。
練習の知恵袋 · 2018/10/06
バイオリンの演奏は、技術も大変ですが、同時に、その曲がどんな曲なのかを知っていく必要があります。ただ感覚で弾くだけでなく、曲の背景をしらべてみると、演奏のヒントが増えます。
体験レッスン · 2018/10/05
秋は、音楽を始めたい方が多いようです。昨日も今日も体験レッスンでした。 一緒に親子で始めたいというお母さんと娘さん、いつかオーケストラに入って演奏したいという男性。夢をお手伝いです。
体験レッスン · 2018/10/04
最近、バイオリンにするかビオラにするか迷われながら来られる体験の方がいます。 お好きな方で構わないのですが、メリット、デメリットをお伝えしています。何を基準に選んだらようでしょうか?
練習の知恵袋 · 2018/10/01
バイオリンの練習は、自分で今何をやるか決めて、頭と体の準備ができたら弾く、まず3回弾いてみる、だめなら5回、どうだったか考える、というように、自分でやることを分かりながら弾くことが大事です。 なんとなく音を出しているのは、時間がもったいないばかりでなく、あまり頭にも体にも残りません。 効率よく練習するには?

さらに表示する