練習の知恵袋

練習の知恵袋 · 2018/12/15
今日は、先月入られた大人の方の初レッスン。習ったことを忘れてしまうことを心配されていたので、忘れない工夫をしました。
練習の知恵袋 · 2018/11/06
楽譜に書いてあることを、ただ見たまま弾いていませんか?楽譜をみていると、どうしても本当に自分の中から出てくる音楽になりづらいことが多いです。できるだけ覚えてしまいましょう。アンサンブルやオーケストラ曲は難しいですが、独奏の曲は頭の中で見られた方が、よりイメージで奏でられ、自分の中の感覚をフルに使って自由に演奏できます。
練習の知恵袋 · 2018/11/01
バイオリンは音程を取ることが難しいのですが、それに一生懸命になっていて、響き方を聴けていないことがよくあります。いい音程を取れていると、楽器がよく鳴ります。意識して、楽器の鳴り方を聴いて弾いてみましょう。
練習の知恵袋 · 2018/10/25
バイオリンやビオラの練習、なんとなく弾いてしまっていませんか?なんの練習を今やっているのか、見失わないでひきましょう。効果的な練習が、上達の早道です。
練習の知恵袋 · 2018/10/21
誰でも「伸びるとき」というのがあります。お子さんなら、発達とともに分かること、できることが増え、練習もプラスされ、ぐっと上がる瞬間があります。大人の方は、長く積み重ねていった結果、あるとき振り返ると、ああ、前より分かること、できることが増えてきた、と思われるようです。いいものを積みかさねていきたいものですね。
練習の知恵袋 · 2018/10/11
バイオリンなどの弦楽器は、音を豊かに鳴らすために、音程そのものと、実際響きを同時に耳でキャッチして聴いています。それをすることで、共鳴を豊かにでき、力で音をつぶしたり、かすれているのにきづかなかったりということがなくなってきます。音のとらえ方についてのヒントです。
練習の知恵袋 · 2018/10/09
ただ曲を通して弾いていても、素通りするだけで、深まっていきません。 自分なりに、あれこれ試しながら練習し、コツをつかんでいく。ちょっと面倒でも、そんな時間を取って弾いてみませんか?
練習の知恵袋 · 2018/10/07
今日のバイオリンレッスンの1番は、6才のちゃん。1年前に始め、ディズニーのハイホーを弾いています。初めてのスタッカート、ちょっと苦戦中です。
練習の知恵袋 · 2018/10/06
バイオリンの演奏は、技術も大変ですが、同時に、その曲がどんな曲なのかを知っていく必要があります。ただ感覚で弾くだけでなく、曲の背景をしらべてみると、演奏のヒントが増えます。
練習の知恵袋 · 2018/10/01
バイオリンの練習は、自分で今何をやるか決めて、頭と体の準備ができたら弾く、まず3回弾いてみる、だめなら5回、どうだったか考える、というように、自分でやることを分かりながら弾くことが大事です。 なんとなく音を出しているのは、時間がもったいないばかりでなく、あまり頭にも体にも残りません。 効率よく練習するには?

さらに表示する