2023/01/26
バイオリンやビオラを 弾いている人が、 左手を細かくゆらしているのを 見たことがありますか? あれはビブラートといって 音色を変化させるテクニックの 一つです。 弓の使い方でも音色は 変えられますが、 揺らすことはできません。 ビブラートは、 手を揺らすことによって 音程を上下に少し変化させ、 より豊かに鳴るように、 また、...
2023/01/13
年も明けて レッスンがまた始まりました。 生徒さんを見ていると 工夫する力が大切だなと 思うことがよくあります。 やりにくいことがある、 覚えにくいものがある、 環境が整っていない、 時間の作り方や過ごし方など、 整えればやりやすくなることは どなたにもあると思います。 昨日は、 自分なりに工夫して 練習しやすくなるようにしたという...
2022/12/23
今年も終わりに 近づいてきました。 私自身、 春からピアノに歌に バイオリン、ビオラと、 できるだけいいものが 自分の頭や感覚、体に 残るように、 様々な練習を考え、 工夫しながらやってきました。 前ならサラッと 通っていただけのものも、 もう少し細かく、 もっとよく聴いて、 もう一歩深く、 と粘りながら練習してき、 より奥深さを感じられるように...
2022/12/13
勉強でも運動でも やったことがないことや あまりやっていないことは、 慣れていないので やりにくいと感じますね。 楽器を弾くのも同じで、 普段やっていないことが 出てくると、 頭も体も「経験不足」なので 難しいとかやりにくいと 感じます。 やりやすいやり方に 変えるのも手ですが、 その経験不足をなくす方が 大事なことかなと思います。 たとえば、...
2022/12/05
なんでもそうだと思いますが、 初めてやることは 慣れていないので 難しく感じます。 人がやっているのを見ると 簡単そうに見えるのに、 自分でやるとうまくいかない、 どうしてなんだろう? となりますが、 できる人にはある感覚や知識が ないからできないのです。 手の筋力不足などのせいも  あるかもしれませんが、  (それなら手を鍛えましょう!)...
2022/11/30
弦楽器を弾くときは、 必ず弾く前に 音合わせ=調弦  をします。 弦はとてもくるいやすく、 温度が少し上がっただけでも 弦によっては音が高くなったり、 弾いている間にも 少しズレてきます。 音合わせ用の チューナーという機械を 使うと、 ランプや針で音のズレを 示してくれるので、 初心者の方でも 少し練習は必要ですが、 ある程度正確に 調弦ができます。...
2022/11/24
来年の発表会が 4月の終わりに決まりました。 秋になると 発表会が気になり始める子もいて、 のんびりやっているようで 気にしてるんだなと 楽しみにしているのが 嬉しくなります。 大人の方は 合奏だけに参加される方も 多いのですが、 アンサンブルに独奏まで 全部制覇されるタフな方々も。 せっかくなので 色々な楽しみ方、 挑戦をして頂けたらと...
2022/11/16
どの楽器にも 色々な基礎練習がありますが、 目的はほぼ 同じだと思うのですね。 指が出したい音に きれいな運動でいけるためとか、 いい音色を出せるためとか。 では 音階を何度も ひけばよいのかというと、 それでは足らないなと 思うことがほとんどなんです。 音階はある程度 限られた運動しかしません。 バイオリンの場合は、 単音の音階と...
2022/11/09
一ヶ月ほど前に  あちこち修理が必要になって しばらく楽器屋さんに 預けていたバイオリンが 戻ってきました。 考えてみれば 中まで修理してもらったのは 30年くらい前。 ニカワが何回か剥がれて 横板と表板の間に  隙間が空いたので 診てもらいましたが、 その部分の洗浄をするので 表板を外す必要が。 ついでに 中のバスバーや魂柱、 表板の隆起も戻す、...
2022/11/01
楽器がよく響くためには どう弓を使うか ということ以外に、 よく響く音程を取れているか、 さらには 楽器がよく響く音程を 取ろうとしているか、 という意識が必要になります。 そんなに気にしなくても、 慣れてくると音程は取れますが、 そこから一歩入って、 楽器全体が響く音程を 取り続けるという意識にすると、 これがなかなか難しいのです。...

さらに表示する