· 

音程はどうやったら良くなるの?~青葉台のバイオリン教室

 

弦楽器で難しいのが、「音程を取ること」。他の楽器よりも、苦労する人が多いかと思います。

 

レッスンでは、3段階を追って、徐々にいい音程が取れるように、自分で確認して直せるようにレッスンしていいきます。

 

 

1、初心者~テープを貼って練習

 

たいていの方は、よほどいい耳と感覚を持っていないかぎり、最初からいい音程を取るのは難しいものです。

 

形ができてくるまで、テープを貼って目印にします。

 

バイオリンは1ミリでも場所がずれると、音もずれてしまい、神経を使います。

 

ただ、慣れてくると、いつも見ていなくても取れるようになってきます。

 

 

2、初級者~慣れて手の形が決まってきたら、テープを外す

 

個人差ありますが、2~3年すると、テープを少しずつ減らしていきます。

 

いきなり全部取ると、まだまだ音程が外れやすいので、相談しながら1本ずつ減らしています。

 

ここで、隣の開放弦と合わせて、ハーモニーで聴く練習をしていきます。

 

最初は2本の弦をいい響きで弾くのも難しい方がいますが、3,4か月すると7,8割方はまるようになります。

 

2音が合うと、楽器が良く響き、ブーンという共鳴音が聞こえることも多いです。

 

音程だけを聞いているわけはなく、楽器の響き方を頼りにしていて、耳の訓練にもなっています。

 

いつも単旋律を弾くわけではないバイオリン。重音を弾いたり聴いたりする練習にもなります。

 

 

3、チューナーを補助に使って

 

音によっては、不協和音になったり、分かりづらい重音になることもあります。

 

ピアノを持っているなら、ピアノで弾いて感じをつかむ、なければ、チューナーを頼りにしても最初のうちは良しとします。

 

根気のいる練習にはなりますが、ほぼ全員、分かるようになってきます。

 

これを曲の練習でも応用して使い、譜読みの際にやってしまうと、綺麗にとれる確率が増えます。

 

 

 

以音程の取り方を簡単に説明しましたが、大事なのは、先生に教えてもらわなくても、自分で合わせたり直せたりする力がつくことだと思います。

 

人と合わせたとき、ピアノと弾いた時に、ずれていたら直せることも大事です。

 

気長に長い目で取り組んでみてくださいね!