· 

音楽の背景を知る~青葉台のバイオリン教室 Cocoron

ヒントを多く

 

音楽をやるのにいい季節になってきました。

 

今、個人的に練習のために、サラサーテのカルメン幻想曲を練習しています。

 

ビゼーのオペラ「カルメン」のモチーフがたくさん出てきます。

 

スペイン風のメロディや雰囲気が、日本にはない味わいがあり、弾いていて楽しいです。

 

音楽を仕上げていくときに、できるだけたくさんのヒントを探します。

 

今の時代、とても情報を得るのに便利になり、ちょっと探せば、音源や動画、作曲家のこと、曲の背景まで調べることができます。

 

カルメンの場合は、オペラになっているので、YouTubeでさがすとオペラも見られます。

 

あらすじを知り、各場面がどんな場面なのか、どんな気持ちで歌っているのかを知ると、演奏にもとても役立ちます。

 

かなり器楽的に弾く演奏も多いですが、歌手が歌っているのを聴くと、もっと人間臭くていいのでは?とか、どういう風に曲のニュアンスをつければいいのかが想像できます。

 

音楽に寄っては、ほとんど調べてもわからないものもありますが、作られた時代性や作曲家の個性を踏まえて、自由に想像していけばいいと思います。

 

技術を整えるのと並行して、こういう作業も大事なことです。