· 

音色や響き方も聴く~青葉台のバイオリン教室 Cocoron

音色をよく聴く

 

最近、よく生徒さん達に言っているのが、音程だけでなく、空中に響いていく音色も聴いて下さいね、ということです。

 

音程が合っていると、楽器がよく共鳴するので、残響がよく鳴っているのが聞こえます。

 

その響きを聴きながら、音色を判断して弾いていくのですが、これを聴けていないことが多いです。

 

弾くので一生懸命になっていて、そこまで意識がいかないことが原因なのですが、音程の良しあしも、楽器がよく響いているかを聴くことで分かりやすくなります。

 

音程が合っていないとあまり響かないので、音の広がりがあまり感じられません。

 

弦が4本張ってあるので、ひとつの音を出すと、他の弦も共鳴して音を豊かにしてくれます。

 

音程と音色(響き)、両方とも聴けることが、楽器がよくなってくれるための第一歩。

 

さらに、いいボーイングで、呼吸やイメージも調和させていくことで、気持ちのよい音が出ます。

 

ぜひ、意識して弾いてみてくださいね。