· 

イメージで弾けるように~青葉台のバイオリン教室 Cocron

イメージをもって弾く

 

楽譜を見て弾いていると、意外と頭が受け身のまま弾いています。

 

音符が速く読めるほど、見たまま音を鳴らしているだけで、深いイメージは持だずに弾いていることが多々あります。

 

頭の中で、見られるようにしていく練習をしてみてください。

 

慣れるまでは、なかなかむずかしいかもしれません。

 

暗譜のためにそうする、というよりは、自分の中で音楽のイメージを持ち、感覚や感性で弾いていくためです。

 

私の場合は、頭の中で楽譜が見えていて、さらに曲のイメージもしながら弾いていけたら、しあがっていきます。

 

楽譜を見ることに、意外と神経をとられるので、できるだけ覚えてしまい、イメージで弾けるようになれると、なんというか、その人の中から本当に音楽が流れてきているように聴こえてきます。

 

楽譜に書いてある音を弾いているだけだと、リズムや音程は合っていても、音楽性の見えない演奏になります。

 

一気に覚えるのはむずかしいので、きりのいいところで区切って、小さいグループで覚えていき、だんだん大きいグループでも弾けるようにしていくといいです。

 

これができると、演奏が自分のものになり、楽しく乗って弾けます。

 

お試しくださいね。